×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベイシア電気

ベイシア電器は、ベイシアグループの家電量販店ですが、1986年9月に設立し 当初は500平米程度の単独出店が多かったが、競合店(ヤマダ電機、コジマなど)に比べ小規模という点とともに、ベイシア電気グループのモール展開に伴い、単独店はスクラップアンドビルドを行い、現在の出店はグループ企業の別の店舗と一緒に出店するようになっているところが多い。(例:カインズホーム+ベイシア電器)この独自の強みが他店との差別化を図っている。 ちなみに、ベイシア電器が展開しているのは関東のみであり、関西にはカインズホームと同業他社であるミドリ電化との複合店舗がある。
沿革は
昭和61年9月
 (株)いせやの家電事業部が分社して設立
 昭和63年5月
 長野県初進出
 平成10年10月
 静岡県初進出
 平成12年11月
 千葉県初進出
 平成14年10月
 新店舗名 「ベイシア電器」 1号店を千葉県茂原市に出店
 平成15年
 平成18年1月
 ベイシア電器 本部移転

ベイシア電気 チラシ

ベイシア電気のチラシ、平成16年4月1日以後、価格表示から総額表示が義務付けられています。「総額表示」とは、消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者が、値札やチラシなどにおいて、あらかじめその取引価格をチラシに表示する際に、消費税額(地方消費税額を含む)を含めた価格をチラシに表示することをいいます。いわゆる「税込み価格」と同じ価格表示となります。
毎週配布するチラシはお客様を店に呼ぶための大事なツール。販売促進部があらゆる検討を加えて制作しています。そのためのチラシ作成に対する努力は怠りません。
まず市場リサーチです。最新トレンドの流れを読みながら、売れ筋を見極めることが求められます。またニーズに対応するだけでなく、積極的にトレンドに合致したチラシを作っていく姿勢も必要ではないでしょうか。新しい商品の開発、手ごろな値段での仕入れのために、海外に出向くこともしばしばです。そして大切なのは、商品仕入れの交渉力とチラシの企画です。

ベイシア電器 広告

 ベイシア電気広告は、マウスコンピューター(本社:東京都千代田区)とベイシア電器(本社:前橋市)は、オリジナルパソコン「B-VALUE PC」シリーズの新機種6モデルを2007年11月26日からベイシア電器各店舗で順次発売するための広告。インターネットやデジタル写真などを安全に楽しむための基本的機能を備えたベーシックOSのWindows Vista Home Basicを載せた「AZ-B2」の2モデルを用意した。希望小売価格は各4万9800円の広告。
スリムタイプ上位機種「BZ-P」は、Core 2 Duo E4500(2.20GHz)と家庭で楽しめるプレミアムOSのWindows Vista Home Premium、最新オフィスソフト「Microsoft Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」をインストールした。希望小売価格は9万9800円の広告。ベイシア電器 広告。

Copyright © 2008 ベイシア電気